2016.01.05 Tuesday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2015.12.22 Tuesday

    ソフトバンクの報道に思う料金

    0
      1GBで5000円以下って発言から思ったのは。 あープランだけ増やして現行は下げないのか? という疑念だけでした。 結局のところ、現在の儲けを失いたくないってのが まるわかりの発言だなと感じた。 商売という観点において否定はしないが 使う側としてキャッシュバック、インセンティブなくすなら、 もっと安くできるよね?ってところでした。 どうやら、キャリアの人には一般層の 見ているとこが見えていないようだ。 3GBで5000円切れば、イメージ違うだろうな。 できないでしょうけど… これができたら、とっくにやってるだろうし。 キャリアメール捨てれるなら、MVNOに行くのも 方法かなと感じさせてくれました。 方策によっては完全にMVNOに統一だな。
      2015.12.17 Thursday

      携帯料金の値下げ

      0
        今、何かと話題になっている携帯料金ですが、個人的な考察。

        同じにしてはいけないのだがMVNOは何故、拡がりを見せないのだろうと考えてみました。
        年齢層によって理由は様々なんだろうけども以下のことが考えられる。
        ・仕組みがよくわからない
        ・安かろう悪かろうのイメージ
        ・設定の仕方がわからない
        ・ポイントなどを消失したくない
        ・カケホーダイなどの通話プランが少ない
        ・キャリアメールが必要
        ・機種を自分で用意しなければならない
        ・厳しい帯域制限
                 等など

        こういった点にあるのかなと思う。
        MVNOを使ってる私からすればキャリアメールがないこと以外は不満は少ない。
        そのため、メインキャリアとは最低限のプランにおとして2台持ちしてる。
        これでもメインキャリアでスマホ使うよりは安いのだから驚きである。
          
        個人的な予想としてこの是正勧告に関してキャリアができることはいかのことではないだろうか?

        ・通話しない人向けのプラン新設(復活) 
        ・パケ代の目減り。各プランの減額から最大でも2割くらいと予想
        ・シニアまたはジュニアプランの年齢撤廃。
        ・新しいパケ放題プランの新設。SSパック?階段型のパケットプランを再度
        ・長期利用割引サービスの適用範囲を広げる。(ポイント拡大で来るとも予想)

        最安値はauがガラホ用に作ったプランの最低ラインが妥当かと個人的には思っている。

        どういう結論を出してくるか楽しみにしています。
        2013.07.22 Monday

        スマートフォンを安く持つには。Vol.0

        0
          JUGEMテーマ:DoCoMo

          久々の投稿です。

          最近思うのは、携帯電話料金高いですよね…。
          あの手この手はありますが、変に考えずに低コストで維持する方法があります。

          MVNOのSIMを購入する。

          というものです。
          MVNOというのは簡単にいってしまえば、docomo等の
          電波網を持っている会社から借りて自社ブランドで通信サービスを提供する事業者を指します。

          このMVNOのSIMには大きくわけて2種類存在します。

          ・ 電話+データ通信
          ・ データ通信のみ

          前者は通常のキャリアとほぼ同様のもの、
          後者は電話番号こそないですが、Web閲覧等を行うことが出来ます。

          安い物であれば500円代から使用できるものもあります。
          ただ…安いのには理由があります。

          例えば
           ・ 速度制限がある。
           ・ 高速通信は出来るが容量制限が厳しい。

          ただ上記のような制限事項を加味して使えば、今よりも安く使うことが出来るようになります。

          次回からは簡単に紹介していきたいと思います。
          2012.06.11 Monday

          SIMフリー スマートフォン softbank パケット通信およびメール設定

          0
            JUGEMテーマ:SoftBank
             
            以前 

            http://hetarese.jugem.jp/?eid=42

            こんな記事を載せてみました。

            私も最近、SIMフリー スマートフォンを購入しました!!

            htcのスマートフォンを購入しました!!

            まずはパケット通信をさせなければ
            ならないわけですが、
            インターネットで調査してみました。

            APNの設定をしなけらばなりません。

            SIMカードの種類によって異なるようです。

            銀SIM:銀色をしたSIMカード
            黒SIM:iPhoneのSIMカード
            青SIM:スマートフォン専用

            私は銀SIMなので、銀SIMの設定しました。

            APN open.softbank.ne.jp
            Proxy:[未設定]
            Port:[未設定]
            Username:opensoftbank
            Password:xxxxxxxx
             ※ 検索して探してみてください。
            Server:[未設定]
            MMSC:http://mms/
            MMS Proxy:sbmmsproxy.softbank.ne.jp
            MMS Port:8080
            MMS protocol:WAP2.0[デフォルト]
            MCC:440[デフォルト]
            MNC:20[デフォルト]
            Authentication type:PAPまたはCHAP
            APN type:[未設定]

            この設定でパケットし放題のパケットは対象となっていることは
            確認しましたが、
            もともと、ガラケーなので サイトを見るとPCサイトダイレクトと判断され
            見た分、定額が上昇していることを確認しました。

            どこまで上昇するか想像がつかなかったため、

            今現在は、こちらの設定でやっています。

            APN plus.softbank
            Proxy:[未設定]
            Port:[未設定]
            Username:plus
            Password:softbank
            Server:[未設定]
            MMSC:http://mms/
            MMS Proxy:sbmmsproxy.softbank.ne.jp
            MMS Port:8080
            MMS protocol:WAP2.0[デフォルト]
            MCC:440[デフォルト]
            MNC:20[デフォルト]
            Authentication type:PAPまたはCHAP
            APN type:[未設定]

            上記で試しています!

            もう少し様子みて結果を記載します。



            ※ ここに記載内容に関しては  自己責任でおこなってください。
               もしパケットが対象にならなくても責任はとれないため、
              あらかじめご了承ください。




            2012.06.05 Tuesday

            docomo SIMフリー スマートフォン softbank で使う どっか人柱気味(

            0
              JUGEMテーマ:SoftBank
               
              SIMフリースマートフォンのこと不定期に書いてるうちの3つ目です(笑)

              今までは市場に出回っている完全なSIMフリー端末を使用していましたが、
              今回は


              docomo STYLE
              F-12C

              で人柱(笑)

              この機種にしたのは購入した理由
              ・ 手頃な価格で出回っていた
              ・ 防水
              ・ 手のひらサイズ

              ちょっと水場な近くに持ってける機種を手に入れてみたかったことがあげられる。

              ちなみに去年の夏以降のdocomoスマートフォンでは手数料を払うことで
              SIMロック解除が可能です。

              SIMロック解除手数料:3,150円
              http://www.nttdocomo.co.jp/support/procedure/simcard/unlock_dcm/


              結論として

              使用可

              APN設定しちゃえばある程度、動きます。
              設定したAPNは過去に記載している記事を
              http://hetarese.jugem.jp/?cid=7
              参考にしていただくとして。



              以下の点に不都合があった。

              ・ MMSは自動受信されない。
               だがサーバーメールに問い合わせると受信することは可能。

              ・ d-modeは使用不可
                ※ 使えなくて当たり前…興味があったので…

              ・ アップデートが出来ない。
                ※ 私だけかもしれませんが、修正パッチが出ましたという
                   ニュースが出た際に試してみたが出来なかった。

              ・ docomo系のアプリは使用不可
                ※ 使えなくて当たり前…興味があったので…

              ・ SPモードは使用不可
                ※ docomoのメールアドレスでもないので、当たり前ですが…。

              上記のが我慢できれば使用する上では問題ない。
              MMS以外の項目は正直、どうでもいいかな?って
              思える内容だと思います。

              MMSは他の人だともしかしたら使えているのかも知れませんね。
              最悪は Gmailを代用してもいいかもしれません。






              2012.01.17 Tuesday

              SIMフリー スマートフォン softbank パケット通信およびメール設定 ・ 続 人柱ぎみ

              0
                 

                http://hetarese.jugem.jp/?eid=74


                前回の続き

                結局のところ

                ■ パケットし放題

                APN open.softbank.ne.jp
                Username:opensoftbank

                ※ 他の設定は検索してください。

                上記 APNを行った場合には上限値が

                9,334円


                になる。
                上記 APNだとサイトを見た瞬間にPCサイトダイレクト扱いとなってしまう。
                そのため、パケットし放題の注意事項にちょこっと書いてある上限額が適用される。



                これの解決策としては

                APN : plus.softbank

                とするか、

                パケットし放題フラット
                ※ APN open.softbank.ne.jp

                へプラン変更することである。

                APN:plus.softbank

                に関してはMMSは絶対に出来ない。
                SBに問い合わせたが、出来ないとのことでした。

                ※ 当たり前だけど...


                パケットし放題フラットはPCサイトを見ても

                上限額:5985円
                ※ PCサイトダイレクトでも
                http://mb.softbank.jp/mb/price_plan/3G/packet_flat/#notes


                となるため、私の当初の予定通りになる。

                これで

                メイン:SIMフリー スマートフォン
                サブ:ガラケー
                 ※ 状況に応じてSIMを差し替えて使用


                として運用が出来ている。
                SBの場合には、スマートフォンを契約してしまうとSIMカードが変わってしまい
                ガラケーにSIMを挿しても定額適用されないか、
                動作しないかのどちらかになる。

                出来れば、ガラケーも使いたかった私としては非常に満足しています。

                銀SIMがあり、SIMフリースマートフォンとガラケーで
                運用したいって方は参考にしてみてください。


                これはあくまで私の場合にはこのようになった
                というだけで保証するものではありません。
                同様の設定を行って上限額を超えた場合には
                責任は終えませんあらかじめ、ご了承してください。


                2011.12.19 Monday

                iPhone首位奪還――しかし「SH-01D」も依然上位に

                0
                   

                  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111219-00000011-zdn_m-mobi


                   携帯販売ランキングのキャリア総合では前回、7週連続で首位を獲得していた「iPhone 4S」がその座をNTTドコモ端末「AQUOS PHONE SH-01D」に明け渡した。しかし今回、再びソフトバンクモバイル版iPhone 4Sが首位に返り咲き、SH-01Dは2位に降下した。連続首位獲得とはならなかったもののSH-01Dも依然として上位に入っており、次回のランキングがどうなるのかも気になる。

                   さて、ソフトバンクのiPhoneが好調な一方、auのiPhoneは同じような勢いが感じられない。今回は16Gバイトモデルが9位、32Gバイトモデルが10位とトップ10の下位に食い下がっている状態だ。




                  やはり au 版は伸び悩みだしましたね。
                  ただ最近、思うんだけど...
                  softbankユーザーってiPhone以外の選択ってしにくくない?

                  プランも安いわけだし、端末代金も劇的に安い。
                  これでは、Androidを選択しないっての当然の帰結では?
                  ※ 主観です。


                  まあーいいですけどね。







                  ■ 3枚3000円キャンペーン実施中
                    ※ 対象商品の詳細にて関してはリンク先にてご確認ください。


                  2011.12.09 Friday

                  あなたが次世代の携帯電話に求めるものは??

                  0
                    あなたが次世代の携帯電話に求めるものは??


                    スマートフォンだけに限っていえば。

                    ・ スペックアップ(CPU、容量はもちろん)
                    ・ バッテリー消費量軽減
                    ・ フリーズしない
                    ・ 堅牢性(ハード的に)

                    このあたりが重要。
                    特にバッテリー消費量軽減は望まれていると思う。
                    それだけ、普通に使っているだけでバッテリーがなくなるのが劇的に早い。


                    これは機能ではないが、SIMフリー スマートフォン(携帯電話)を
                    もっと販売してもいいのでは?

                    必ずしも、これをしたとこでキャリアが損するわけではないと思うのだが
                    いかがだろうか?

                    孫さんはロック解除の需要がなかったといったが 
                    日本で無名である「ZTE」のスマートフォンなんて買わないでしょう!!

                    各携帯会社は端末だけで儲けているわけではなく
                    結局のところ通信料等で儲けているわけだしね。


                    逆にSIMフリー用に各キャリアで使用できるアプリを充実したとこの方が
                    より伸びるような気がするんだけどな...。


                    トラックバックさせていただきました。
                    ありがとうございます。






                    2011.12.02 Friday

                    スマホ対応防寒グッズ、バリエーション増 手袋はデザイン豊富、専用リングも登場

                    0
                       
                      http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111127-00000002-sh_mon-bus_all

                      なかなか面白いものを考えていますね。
                      スマートフォンがハードキーではなく、
                      タッチパネルになったことにより手袋のままでは操作が出来ない。

                      また冬に外で操作するために

                      手袋を外してまで操作するのは寒いからちょっと...


                      な人には調度いいのかもしれない。

                      既に工業用には、いくつか出ていたみたいですが、
                      一般層にスマートフォン、タブレット端末(といってもiPadが大多数だろうけど)が
                      普及したことで多少、ファッションを考えながらという人にはバリエーションも
                      増えてきたから、選びやすくなってきているのかもしれません。


                      参考までにどんなものがあるか 貼っておきます。

                      ■ ミドリ安全




                      ■ SureTouch
                      これは手袋ではないですが、手袋の上につけてタッチパネルを触れるようにする
                      リングみたいです。



                      ■ タッチペン
                       名前の通りですが、手袋ではなくてタッチペンです。
                       こっちの方がおしやすいかも?
                      2011.12.02 Friday

                      SIMフリー スマートフォン softbank パケット通信およびメール設定 ・ 続 人柱ぎみ

                      0
                        JUGEMテーマ:DoCoMo


                        http://hetarese.jugem.jp/?eid=64

                        以前から引き続きです。

                        私が現在設定している APN設定は以下のようになっています。

                        銀SIM

                        APN plus.softbank
                        Proxy:[未設定]
                        Port:[未設定]
                        Username:plus
                        Password:softbank
                        Server:[未設定]
                        MMSC:http://mms/
                        MMS Proxy:sbmmsproxy.softbank.ne.jp
                        MMS Port:8080
                        MMS protocol:WAP2.0[デフォルト]
                        MCC:440[デフォルト]
                        MNC:20[デフォルト]
                        Authentication type:PAPまたはCHAP
                        APN type:[未設定]

                         上記でやっています。
                         Softbank側に記載されているものだと残念ながら、メールはこのままだと
                         できません。

                        但し、上記ではパケット通信が出来ることを確認しました。
                         ※ MMS 関連(MMSC,MMS Proxy、MMS Port)は空欄でも動作するかも?
                         ※ MMSの正式名称に関しては Google等で興味があれば調べてください。
                           メール関連の設定と思ってもらえればいいかとおもいます。


                        Softbankでは上記設定をすると

                        上限 5,985円

                        パケット通信に関しては記載していますが、
                        おかしい...。

                        今は

                           6,366円

                        みたいなことになってた。
                        おかしい...。
                        微妙だが現在、越えている...。

                        こうなった正式な理由はわからないけど、

                        APN open.softbank.ne.jp
                        Username:opensoftbank

                        上記のAPN設定時に行った ウェブ ブラウジングの費用が
                        ここに入ってきているような印象がある。

                        私は現在、パケット定額サービスである。

                        パケットし放題 :4,200円

                        上記プランである。
                        あくまで スマートフォン用の契約ではない。
                        open.softbank.ne.jp

                        の設定時にウェブブラウンジングした際に
                        PCサイトダイレクト分が定額料に上乗せされていた。

                        私の推測でしかないが 「open.softbank.ne.jp」で設定した場合

                        PCサイトダイレクト分は別で加算される可能性がある。

                        パケット定額内で収まっている方もサイトを探すといるみたいですが、
                        少なくとも私は加算された。

                        可能性だけの話ですが、定額内に収まっている報告されている方は
                        元々がスマートフォン契約である可能性が高いように思える。

                        私は残念ながら、ガラケーの銀SIMをそのまま使用しているため
                        それが影響したものと思われる。


                        open.softbank.ne.jp で加算されたと思えたのは、

                        PCダイレクト + アクセス INTプラス + パケットし放題プラン価格 ≠ 6,366円
                        ※ アクセス INTプラスは softbankが紹介している APN設定をした場合 

                        であったということ。
                        上記の式に確定前料金を当てはめると

                        PCダイレクト + アクセス INTプラス + パケットし放題プラン価格 = 6,729円
                        ※ 内約は省略

                        上記のようになっていたことからも 「plus.softbank」 にしてからに関しては
                        どうやら定額料に すべて上乗せされているわけではないようである。

                         open.softbank.ne.jp → plus.softbank


                        APN設定を上記のように途中で変更していることからも、
                        「open.softbank.ne.jp」のときのウェブブラウジング分が
                        上乗せされたという推測が妥当な状況です。


                        もう少し人柱になって試してみます(笑)

                        「6,366円」以上にならなければ、設定の有効性が証明できると思いますので
                        少々、お待ちください。
                        数10万円までいってしまった例もあれば、まだまだかわいいものです(笑)


                        ※ この内容を参考にして、APN設定する場合には必ず自己責任で行ってください。
                          私が設定した場合を報告しているのみで、保証するものではありません。





                        Calendar
                         123456
                        78910111213
                        14151617181920
                        21222324252627
                        28293031   
                        << May 2017 >>
                        PR
                        Amazon
                        ピックアップ
                        ブランドショッピングサイト
                        Selected Entries
                        Categories
                        Archives
                        Recent Comment
                        Recent Trackback
                        Recommend
                        Apple iPhone 4 ホワイトモデル 16GB  【海外版 Simフリー】アップル アイフォン4
                        Apple iPhone 4 ホワイトモデル 16GB 【海外版 Simフリー】アップル アイフォン4 (JUGEMレビュー »)

                        世界各国で使用することが可能。
                        制限はありますが、
                        docomoのSIMカードでも運用可能です。
                        Links
                        Profile
                        Search this site.
                        Others
                        Mobile
                        qrcode
                        Powered by
                        30days Album
                        無料ブログ作成サービス JUGEM